×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LTFFRを目指して


お手軽な昼食~monkey編~


省略
 やっと料理について書き始めましたよこの野郎
TOPで予告していた料理についてのコラムを始めたいと思います
多分シリーズ化します
 さて、では第一回を書き始めるにつきまして記念すべき最初の料理を発表します


















炒飯

 企画元の方々にはおなじみの料理でしょう
きっと昼に作る人も多いはず お手軽なので何度も繰り返しての練習がしやすいですね


メモ

 普通は中華鍋を使うのですが面倒なのでフライパンで作っております
そもそも家庭用のコンロでは火力不足で炒めるのに時間が掛かり過ぎてご飯を十分に炒めている間に具が焦げてしまうことがよく起きます
 そのために具は先に炒めてから投入するという手段もあるのですが炒飯は短時間で作るもの
というわけで普段作る際にはフライパンで一気に作ってしまうのがおすすめです
 あとは具材ですがレタス等、汁気があるものは先に炒めましょう
納豆を使う際は2~30分程程水に漬けて粘り気を取る
パラッと作るためには具材にも気を使いましょう
 ちなみに上の写真は所謂黄金炒飯です
具材は玉ねぎと卵のみというかなりシンプルな作り手抜き
簡単にレシピを紹介するしましょうか

材料

順序


鉄鍋のジャン 第一話参照




…流石に冗談です
  1. フライパンにサラダ油を引き、十分に熱したら卵を投入する。少しかき混ぜたらすぐにご飯を投入する

  2. ご飯を卵に押しつけるながら炒め、卵が程良く絡むのを確認したら料理酒を投入

  3. 数度炒飯を返したら鶏ガラと醤油を投入。醤油は香り付けの為なのでフライパンの縁にかけるだけ

  4. そのあと切るように混ぜたら塩胡椒で好みの味付けに

 自宅のフライパンはテフロン加工の為、油はあまり入れていませんがステンレスや鉄製のフライパンの場合は油を大目に引いて下さい
だいたい大匙1ぐらい
 漫画「鉄鍋のジャン」には第一話の黄金炒飯他にも辛くないラー油を使った炒飯というものが出て来ます
サラダ油の代わりにラー油を使っています
辛くないラー油は少し前からスーパーでも見かけるようになりましたね
でもラー油は辛くてこそ!私を(刺激で)打ちのめしたくばその三倍は持ってこい!の精神で普通のラー油を使用して炒飯を作ってみたことがあります
普通に美味しかったです
その後数時間に渡って激しい胃痛がしたのは秘密
というわけで普通のラー油は使うならばアクセント程度に
よい子は真似しないでね!


絶対にソースなんて見るなよ!

WEB拍手による感想、テーマの募集も行っております
皆さんからのリクエスト、お待ちしてまーす!

←ピッサ先生の前作

ピッサ先生の次回作→